横浜デートプランみなとみらい

お知らせ

ただいま新型コロナウィルスの影響および緊急事態宣言発令に伴い、営業時間を短縮または休業する施設もあります。

公式サイトやSNS、またはお電話などでご確認のうえお出かけください。

お散歩コース みなとみらい

【桜木町発!】横浜の観光スポットを巡るお散歩デートコース3選!

2021年1月8日

「旅行のように遠出をするわけではなく、でも少し足を伸ばして、いつもとは違う景色の綺麗な場所に行きたい!」

そんなふうにデート相手に言われたり、相手にそんな風景を見せてあげたいと思ったりしたことはありませんか?

そこでおすすめなのが、都心から電車でわずか30分足らずで気軽に行ける、ベイサイドシティーの横浜」です。

横浜はデートコースとして昔から変わらず人気の場所で、特にみなとみらい地区は今も開発が進み、20代の大学生や社会人になったばかりのカップルから、落ち着いた40代のカップルまで多くの人に愛されています。

今回は、「混んでいるのはちょっと嫌だなぁ・・」という人にも楽しんでもらえるよう、密を避けてみなとみらいを「見て」楽しめる、桜木町駅をスタート地点にしたお散歩デートプランを3つ紹介します。

こんな方におすすめ!

  • 首都圏近郊から日帰りでお散歩デートを楽しみたい方
  • 歩いて街を散策するのが好きな方
  • 都会的な雰囲気の街を歩くのが好きな方
  • 海風に当たりながら散歩したい方

プラン1:とにかく名所を!たくさん歩いて回るコース

まずは歩くことが苦にならない人、体力がある人におすすめのコースをご紹介します。

たくさん歩くので、特に女性は「歩きやすい靴」を履いてきてもらうように注意をお願いします。

横浜といえばこれ!という名所をたくさん見たいカップルにおすすめです。

桜木町から日本丸とランドマークタワーを見て歩く

横浜ランドマークタワーと日本丸

桜木町駅で待ち合わせをしたら、左手に見える「動く歩道」がランドマークタワーへの近道です。

しかし今回は動く歩道ではなく、2021年に開業予定のロープウェイの裏を回り、日本丸メモリアルパークとランドマークタワーの間の道を歩いていきましょう。

右手に帆船日本丸、左手にランドマークタワーを見ながら進むと、その先には横浜コスモワールドの名物・コスモクロックが見えてきます。コスモクロックはテレビ番組にも度々登場するのでワクワクすること間違いなしです。

日本丸は月に一度「総帆展帆」という行事があり、普段は畳んである帆が全て開かれて美しいため、その日を狙って行くのがおすすめです。

国際橋でインターコンチネンタルホテルを眺めてワールドポーターズ、赤レンガ倉庫へ

コスモクロックを眺めながら歩くと、国際橋という交差点に着きます。

そのとき左手正面には、扇を開いたような形のヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルが見えているはずです。

そこを右折すると、ワールドポーターズが見えてきます。有名なおもちゃ屋さんのハムリーズで童心に帰ったり4DX設備のある映画館で映画を見たりすることができますので、ここでお買い物をするのも良いですし、レストランやカフェもありますからちょっと一休みするのもいいですね。

ホッと一息ついたら、赤レンガ倉庫へ行ってみましょう。博物館好きな方は、途中にあるJICA(国際協力機構)の横浜国際センターを見学し、世界の珍しい料理を味わうのもおすすめです。

赤レンガ倉庫を堪能したら、体を休めるために温泉へ

赤レンガ倉庫の奥に進むと、二棟の特徴的な赤い建物の先には海が広がっています。

20211月時点では何も催し物がされていませんので、開けた景色が堪能できることでしょう。

時期によってはアイススケートリンクやオクトーバーフェスト、クリスマスマーケットなどが広場で開催されていることがありそちらも楽しむことができます。

赤レンガ倉庫の中は横浜らしいおしゃれなお店も東京で長い行列を作る有名店もあり、見て楽しむこともショッピングを楽しむこともできます。

ここまで歩いてくると、きっと疲れてしまっていると思います。少し道を戻って、横浜万葉倶楽部へ行ってみましょう。海を見ながら温泉を堪能して、疲れた体を休めたらシャトルバスで横浜駅へ戻ることができます。

プラン2:美しい景色が見たいカップルがお散歩するコース

プラン1では「みなとみらいらしい有名な景色」をご案内しました。

しかし桜木町周辺の楽しさは有名スポットばかりではありません。横浜やみなとみらい地区に何度か足を運んでいる人向けに、少し変わった、でも美しい風景の見られるコースをご紹介します。

桜木町駅を起点に、美術館へ

横浜桜木町駅から見たランドマークタワー

今度は桜木町駅から「動く歩道」を通ってランドマークタワーへ行ってみましょう。

動く歩道の入り口はいくつかあり、大きなエスカレーターを上っていくことも可能ですが、駅前にあるコレットマーレの中を通ってお店を見ながら歩道に入っていくのもまた楽しいルートです。

動く歩道を通ってランドマークタワーのショッピングモールをみなとみらい駅方向に抜けると、「モクモク・ワクワク・ヨコハマ・ヨーヨー」というオブジェの前に出ます。この独特のオブジェは平成の初期に一世を風靡した歌手のCDジャケット写真に使われた場所でもあり、大人なカップルは懐かしくなるかもしれません。

オブジェを左手に曲がると、横浜美術館の前の広場に出ます。

噴水のある公園はのどかで美しく、ほっこりするでしょう。ショッピング好きな方は向かいのマークイズみなとみらいを楽しむこともできますし、落ち着いたデートの好きな方は美術館で感動してもよし、読書好きな方は広場のむこうのTSUTAYAに大きな書店がありますから、そこで本を読みつつコーヒーを飲むのもいいでしょう。

TSUTAYAの前を通って臨港パークへ

並木道を通って進むと、パシフィコ横浜とそれに隣接する臨港パークという大きな公園へ着きます。

パシフィコ横浜では、国際的な会議から一般の人が楽しめる催し物までさまざまなものが開催されており、行きたいイベントに合わせて横浜を訪れるのも楽しいでしょう

臨港パークはランニングをする人や家族の憩いの場所です。天気がよければどこかでおいしいものを買ってここでピクニックをするのもおすすめです。

端にあるぷかり桟橋は見た目も可愛らしく、写真スポットとしても使えます。記念写真も、雰囲気のいい風景写真を撮ることもできます。カメラ好きのカップルにもおすすめのスポットです。

そこから2020年に開通した女神橋を通ってカップヌードルミュージアムに向かってみましょう。海風を感じながらカップヌードルミュージアムまで歩くのも楽しいですよ。

そこまで楽しんだら、ハンマーヘッドまで足をのばして、青い水玉模様のバス「ピアライン」で桜木町駅へ戻ってきましょう。

番外編:横浜美術館から横浜駅方面へ行くことも可能

歩くことが好きな方にのみおすすめする番外編ですが、プラン2の途中で美術館から横浜駅まで歩くことも可能です。

その途中には資生堂の研究所やカフェがあったり、京急のミュージアム、 KT Zepp Yokohamaなどもあります。

ただし、横浜駅までの所要時間は約1時間以上と結構長いので要注意!もし疲れてしまったら、途中にある「みなとみらい線」の新高島駅でお散歩を終了して、電車で戻ることができます。

プラン3:ゆったり会話を楽しむお散歩コース

プラン2まではかなり活動的なルートをご案内しました。

最後のプランは、まったりカップル向けにのんびりお散歩できるコースをご紹介します。

桜木町から汽車道を通っていこう

桜木町駅からみなとみらいへつながる道で、舗装の雰囲気が美しいのがなんといっても「汽車道」です。

昼間は観光名所がよく見え、夕暮れ時はムードがあり、夜は道の両脇の海が街灯を反射してキラキラして美しい場所で、何時に通っても楽しいところです。

その汽車道を通ると行くことができるのが、アニヴェルセルみなとみらい。

趣のある結婚式場ですが、併設されたカフェに結婚式参列者以外も立ち寄ることができます。ここでまず一息ついてみましょう。

おすすめは真夏にこのカフェで飲むモヒートです。アルコール飲料もソフトドリンクもありますから、お酒を楽しみたい人も飲めない人も海を目の前にゆったりとしたひとときを過ごせます。

赤レンガ倉庫まで歩いたら、体力があれば象の鼻パークへ

アニヴェルセルカフェで時間を過ごしたら、赤レンガ倉庫まで歩いてみましょう。

ちょっと疲れたと感じたならば、ここからみなとみらい周遊バス「あかいくつ」で日本大通り駅や馬車道駅に出ることができます。

もしまだ頑張れる!という場合は、ご褒美を楽しみにもう少し歩きます。歩くかどうかは、お互いの体力も確認しながら決めましょう。

歩こう!ということになったら、次の目的地は象の鼻パークです。変わった名前の公園ですが、その名の通り公園の形がまるで象の鼻のようなのです。目の前には赤レンガ倉庫や大さん橋が見えますので、横浜らしい景色だといえます。

象の鼻パークにやってきたら食べたいのが、象の鼻ソフトクリーム。とても可愛らしい見た目で映えるので、写真を撮ってSNSにアップしたくなります。アイスクリーム発祥の地・横浜で食べるアイスはミルクのうまみがたっぷりで絶品です。

冷たいもので心と体をリフレッシュしたら、キング・クイーン・ジャックの塔と呼ばれる神奈川県庁庁舎、横浜税関、横浜市開港記念会館の前を通りながら日本大通り駅へ戻りましょう。

みなとみらいは歩いて回れるスポットがたくさん

ご紹介した3つのプランは、横浜の定番スポットも穴場スポットも回ることができます。

全部楽しみたい方は、何度も横浜やみなとみらいを訪れてみてください。ただし、歩いて回るには体力がいりますので、横浜市営バスや市営地下鉄に一日乗り放題できる「みなとぶらりチケット」を買って公共交通機関を使うのも一つの手です。

市営地下鉄に乗ると横浜駅にアクセスできるだけでなく、関内地区や伊勢佐木町など、ディープな横浜をめぐることも可能ですし、ラーメン博物館のある新横浜へも乗り換えなしでアクセスできますので、買って損はないかもしれません。

楽しく横浜をお散歩して、良い思い出をたくさん作ってくださいね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

【横浜散歩道】編集部

地元ライターが、横浜のホットな情報をお届けします!

-お散歩コース, みなとみらい
-, ,

Copyright © yokohama-sanpomichi, All Rights Reserved.