お知らせ

ただいま新型コロナウィルスの影響および緊急事態宣言発令に伴い、営業時間を短縮または休業する施設もあります。

公式サイトやSNS、またはお電話などでご確認のうえお出かけください。

 

横浜ってどんな街?

連日のように観光客で賑わう人気都市・横浜。

日本最大級とも言われるチャイナタウン「横浜中華街」をはじめ、最先端のベイエリア「みなとみらい」、明治〜大正にかけて建てられた洋館が立ち並ぶ「元町・山手」など見どころが盛りだくさん。

このコーナを読むだけで、横浜の異国情緒あふれる雰囲気を感じてもらえるように、そして少しでも多くの方に興味を持っていただけるように、横浜とはいったいどんな街なのかをまとめました。

東京湾に面した港町

ベイエリア「みなとみらい地区」を中心に観光エリアが広がる横浜。海が近いということもあり、風向きによって潮の香りがほんのりと漂います。

豪華クルーズ客船が寄港する「大さん橋」は、港町横浜の景色が一望できる人気スポット。特に夕焼けに染まる時間帯から夜にかけては、息をのむほどの絶景が広がります。

また、比較的リーズナブルにショートクルーズを楽しめる「ロイヤルウイング号」、そして東京ー横浜ー伊豆諸島を結ぶ東海汽船の定期フェリーもこちら大さん橋からの発着となり、海の玄関口としての機能も健在です。

古き良き面影を残す街

横浜

1859年に開港して以来、日本の国際化を支え続けてきた横浜。

交易で実際に使用されていた当時の面影を残す「赤レンガ倉庫」は、知らない人はいないくらい有名な観光スポットに。

また日本大通り駅から馬車道駅方面にかけては「横浜市開港記念会館(ジャックの塔)」「横浜税関」「県立歴史博物館」などの歴史的建築物や史跡が多く、散策するだけでも目を楽しませてくれます。

そして、元町から坂を登っていくと見えてくる洋館の数々。これらは開港時からしばらく外国領事館などとして実際に使用されていたもので、今でも当時の姿に近い状態で保存されています。一部の建物は一般の方も見学可能です。

国際的でエキゾチックな街

横浜中華街の街並み

横浜は1859年の開港以来、世界各国からの移民を受け入れてきたため、東西様々な文化が交錯して異国情緒あふれる雰囲気を醸し出しています。

日本一の規模とも言われている横浜中華街は、一歩踏み入れればそこはもう中国の街並み。

表通りには中華料理店やお土産店が立ち並び、奥の通りには中国系の食材や調味料を販売する店、そして裏路地には隠れ家的なこじんまりしたお店があったりと、グルメな方も散策好きな方も楽しめます。

また、在日韓国人が多い伊勢佐木町から福富町にかけてのエリア、タイ人が多い黄金町エリアでは、それぞれの国の料理を楽しめたり、雑貨や食料品を購入したりと、アジアン好きの方にもおすすめです。

そして古い西洋建築が今でも保存されている山手エリアは、「外国人墓地」「エリスマン邸」などの名所も盛りだくさん。このエリアは開港当時に思いを馳せながら散策するのがおすすめです。

最先端の港湾都市みなとみらい

JR・市営地下鉄桜木町駅から海側に広がるベイエリアを総称し「みなとみらい地区」と呼ばれ、観光客だけでなく地元民の憩いの場としても親しまれています。

桜木町駅から歩道デッキで繋がっているランドマークタワーは、横浜を象徴するシンボル。地上70階建の高層ビルには、絶景を楽しめる展望レストランやバー、その他テナントショップが多数入居しています。

上層階にあるロイヤルパークホテルは、客室からみなとみらいの景色を一望できるので、お泊まりデートにもおすすめです。

また徒歩圏内には遊園地コスモワールドがあり、世界最大の観覧車「コスモクロック」から景色を堪能することができます。

横浜にお出かけしよう!

都心からわずか30分足らずでアクセスできる横浜。

鉄道各社が広範囲にわたって直通運転を行なっているので、首都圏のほとんどの地域から乗り換えなしでスムーズに移動できます。

また、首都高速のランプが横浜の主要各所にあるので、お車での移動もカンタン!各スポットには専用駐車場もコインパーキングも豊富にあります。

夜景を楽しむもよし、お散歩を楽しむのもよし、グルメに舌鼓を打つのもよし・・。

次の休日は、家族連れで、カップルで、または一人で横浜にお出かけしてみませんか?

エリア情報はこちらからどうぞ!

みなとみらいのエリア情報

横浜中華街のエリア情報

横浜馬車道のエリア情報

関内のエリア情報

元町と山手エリア

横浜駅周辺

横浜の主要エリア一覧

 

2020年12月31日

Copyright © yokohama-sanpomichi, All Rights Reserved.